獣医執筆:犬の下痢の原因を徹底的に解説し、対処法を伝授

 犬の下痢の原因は、食べ物、感染、腫瘍、その他、と複数ありますが現れる症状は一様に「下痢」です。下痢はなぜ起こるのか?どのような病気があるのか?どのように対処すればよいのか?について解説します。

犬が下痢の時に見られる症状

 実際に下痢になってしまった!しかし、下痢になる前に飼い主さんが以下の事を気に掛けてあげるだけで下痢を防げるかもしれません。

 下痢の前駆症状は、どのようなものでしょうか?

犬が下痢する前によくある症状

 このような症状が出た場合は下痢になる場合が多いので、行きつけの獣医さんに電話などをすると良いでしょう。しかし、24時間受け付けている獣医さんはなかなかいません。そこで今回は下痢について学び、対処法などを知っていただきたいと思います。早期発見早期治療で治り具合も変わってきます。犬を守るのは飼い主さんなのです。

犬の下痢とは?

 いつも喜んでドッグフードを食べるのに今日はなんだか様子がおかしい?フードの臭いをかいでも食べなかったり、半分残してしまった。心配になっているうちに便を見たら、なんと下痢!というような経験はないでしょか?人間にも、軟便、下痢に近い軟便、下痢などの種類があるように実は犬にも下痢の種類があるのです。

下痢の種類

 下痢とは、非常に緩い粥状または液体状の便が出ることです。水分量の割合で、「軟便」・「泥状便」・「水様便」と分類します。他にも粘膜が混じったような「粘膜便(粘液便)」、血液が便の表面に付着したような「血便」、ドロドロとした真っ黒の便の「タール便」など一口に下痢と言っても様々な形状があります。
 また、発症から2週間以内のものを急性下痢症、発症してから2週間以上経過するが改善しないものを慢性下痢症といいます。

下痢の状態から腸のどの部位が不具合を起こしているのかがわかります。

 便の状態や量を確認することで小腸が原因の下痢なのか、大腸が原因の下痢なのかの予測がつきます。

  大腸性 小腸性
便量 正常~増加 増加
嘔吐 なし あり
体重減少 まれ しばしば
未消化物 なし あり
粘膜便 あり まれ
血便 あり ほぼなし
タール便※1 なし あり
しぶり※2 あり なし

※1タール便: 上部消化管からの出血が原因ででる真っ黒な便です。血便が腸内細菌によって黒くなります。

※2 しぶり:便意をもよおすのに便が出なかったり、出たとしても小量の便しか出ないのに何回も便意をもよおす状態。

 上記の表のように下痢の状態や量、全身の状態で小腸が原因部位なのか、大腸が原因部位なのかを知ることができます。

「急性下痢症」と「慢性下痢症」

 下痢は続く長さによって名称、症状、重症度が変わってきます。

① 急性下痢症

 急性下痢症は下痢が起こった日から数えて2週間以内に良くなるものを言います。
 これには感染性腸炎や薬剤による下痢も含まれます。原因は「細菌・ウイルス・原虫・寄生虫」などが多くあります。もしも、風邪気味で抗生物質などを飲んでいたのならばそれも原因のひとつかもしれません。

② 慢性下痢症

 慢性下痢症は発症から2種間以上たつのに良化しない下痢のことを言います。
 食物アレルギー、食物不耐性、炎症性腸炎、腸管以外に原因がある下痢などが当てはまります。腸管以外が原因になる下痢としては、糖尿病や腫瘍、甲状腺などの内分泌系の病気が考えられます。

下痢の症状により、緊急性が変わってきます。

 もしも、犬が家で下痢をしたら人間と同じく「すぐ治る。」「今日は調子が悪いだけかな?」と思い込まないで下さい。犬にとって下痢は酷くなると命を落とす危険さえもあるからです。毎日出る便を必ずチェックしてあげてください。

(1)軟便

 軟便の場合は便としてのかたちがありますが、水分量が約80%あり、柔らかく床に便が付着するような状態です。ちなみに、通常の便は水分量が約70%です。 この程度の便の固さで、いつもと同じように元気があればそれほど気にしなくて大丈夫です。
 しかし、2日以上続く、又は元気がないようなら場合は受診する事をおすすめします。

(2)泥状便

  泥のような状態で便の形状をとどめず、軟便(水分量約80%)と水様便(水分量90%以上)の中間の状態です。さらに進むと水様便になります。この場合は元気や食欲があっても心配ですので、まずは電話などで獣医師に相談してください。 

(3)水様便

 便に含まれる水分量が90%以上の便で、便の形状は全くありません。腸の運動が活発になることで食べたものがいつもより早く腸を通るので、腸内で便の水分吸収が十分できなくなりそのまま出てきてしまいます。つまり、食べたままがそのまま素通り状態になるのです。水分と消化されないままの食べ物が混じり排出されるのが水様便です。

 この状態になると食欲や元気がない犬が多く、腹痛のためにうずくまり、嘔吐してしまう場合もあります。水分が吸収されずに排泄されてしまうので脱水が起こることもあります。必ず受診するようにして下さい。

(4)血便

 便を見ると赤い血がついている状態を「血便」と言います。目に見える血便だと腸炎を起こしたり肛門が切れてしまったりするというのが原因でもあります。まずは犬の肛門を見てあげて下さい。もしも、切れていたら、原因は肛門ですし、切れていないようでしたら、腸に腫瘍がある場合もあります。このように原因を探ってあげてください。切れ具合も見てあげてください。

 そして、人間用の軟膏などは犬には強すぎるために絶対に塗らないでください。肛門からなのか原因不明なのかこの二つのことを踏まえて、獣医に相談するかどうかを判断してください。

(5)タール便

 タール便とは黒くてべとっとした便で、胃や小腸のように肛門から離れた部位で出血が起きている可能性が大きくなります。腸内細菌の働きで黒色になってしまいます。このような便が1回だけでなく続く場合や、毎日ではないが頻繁に出るのは緊急を要します。便は食べた物が全ての消化器官を通って出てきます。そのため、どこから出血しているのか分かりません。貧血の有無も確認してください。貧血が進むと結膜の色や舌の色が白っぽいピンク色になりますので確認してください。  タール便が出た場合には、必ず獣医師の診察を受けましょう。

(6)粘膜便(粘液便)

 粘膜便とは便の表面がベトベトしていたり、それだけで出てくる場合もあります。このねっとりしたゼリー状のものは腸の粘膜細胞から分泌される粘液です。この粘液は、通常便がスッキリと出るように犬の腸内で作られています。他にも腸を守るという働きもありますが腸の内壁が何らかの原因で傷がついてしまたり、炎症を起こしてしまうと、この粘液がたくさん分泌され便と一緒に出てきます。腸内環境が正常であれば過剰な粘液は分泌されませんので、様子を見ないで早めに受診しましょう。

 腸の内壁が何らかの原因で傷ついたり炎症を起こすと、粘液がたくさん分泌され便と一緒に排泄されます。腸内環境が正常であれば過剰な粘液は分泌されませんので、様子を見ないで早めに受診しましょう。

緊急性ーまとめ

≪様子を見てよい場合≫

 軟便で元気も食欲もあり、次の日には普通便に戻った場合は様子を見ても大丈夫です。

≪受診したほうが良い場合≫

 など

 

犬の年齢によって違う!?気をつけたい下痢の原因

 下痢の原因はライフステージでかわることもあります。
 年齢によっては命に係わる下痢もあります。

子犬の場合

 

 子犬の頃にかかりやすい下痢の病名は、「パルボウイルス感染症」「コロナウイルス感染症」「寄生虫感染」などがあげられます。特にパルボは激しい嘔吐と血様(ケチャップ様)の下痢が特徴で死亡率が非常に高い病気です。ワクチンで予防することができますが、それでもかかってしまうと、最悪死んでしまう恐ろしい下痢です。

 まだ免疫力が少ない子犬の下痢が続くと栄養が足りずに血糖値が低くなり、いきないり倒れたり、痙攣を起こしてしまったりするので、子犬の下痢を甘くみてはいけません。

成犬の場合

 成犬で気を付けたい下痢は「急性腸炎」「大腸炎」「抗生剤反応性腸症」「消化管のアレルギー」「膵外分泌不全」などです。急性腸炎や大腸炎は投薬でよくなることがありますが、他の腸炎は投薬でも改善しない場合が多いので、1~2週間ほど薬を飲んでも改善が見られない場合は獣医師に相談してより詳しい検査をする必要があります。

高齢犬の場合

 

 そもそも、高齢犬になると病気にかかりやすくなります。なぜなら。免疫力が下がったり、消化器官が弱くなるからです。様々な病気にも気を付けなければなりませんが、特に高齢犬の場合「リンパ管拡張症」「炎症性腸炎」「腸管の腫瘍」などは3日~1週間程度薬を飲んでも改善されない場合はより詳しい検査をする必要があります。

 高齢犬の場合は成犬に比べ検査でも身体に負担がかかるので、そうならない為にも目に見える便を注意して見てあげてください。 

犬に下痢をさせない為には普段からどんな事に気をつけていれば良いのか?

 食べたものは口から入り胃から腸を通り肛門から排泄されます。口から入るのは食べ物だけではありません。もれなく細菌やウイルスなどの病気の原因になる物も一緒に入ってきます。実は、腸は体内で最強の免疫器官といわれていて。体内にある免疫細胞全体の約60%が腸内に存在し、体外から侵入してくる病気の原因となる細菌などと戦っています。

 つまり、犬に下痢をさせない為には腸の免疫力を高める事が大切になってきます。

免疫細胞を増やすために覚えて起きたいこと

偏食厳禁!口から入る食べ物が1番重要!

 好き嫌いが激しく、犬が好きな物だけをあげてしまい偏った食事を与えている飼い主好き嫌いが激しく、犬が好きな物だけをあげてしまい偏った食事を与えている飼い主さんを時々見かけますがではそれでは腸に必要なエネルギーを作り出し送る事ことはできません。又、安すぎるフードなどには添加物などが入っている場合もあるので、表記などを良く見て購入して下さい。だからといって動物病院などで販売している高級フードを買う必要もありません。犬が好んでいるフードの中に茹でた野菜やササミ、フルーツなどをバランスよくあげると良いでしょう。ただし、あげすぎると肥満になってしまうので量やバランスなどは犬の体重、体格、その日の運動量などを見て与えましょう。分からない場合は行きつけの獣医さんに相談すると良いでしょう。

腸を守る為には必須!腸内細菌叢とは?

 腸内細菌叢とは様々な形で腸の中に存在する細菌の種類のことです。そんな腸内細菌叢は体内に生息する細菌の約90%が腸内にいるのです。腸内細菌は生まれた後からどんどん増えていき腸内細菌叢が決定されるのは生後2ヶ月の時までです。つまり基本の腸内細菌叢はそのときに決定され、生涯、腸の中に居続けるのです。そのため、子犬時の食生活や環境が腸の基本を作りますので子犬のときに何を食べるのかは重要です。

顕微鏡で確認!下痢を起こしている原因とは?

 実際に下痢になってしまっている犬のウンチを顕微鏡で見てみると栄養素を吸収するために普段は固まっている細胞達が剥がれて壊れてしまっていることが確認できます。体調の悪さから食べることができない日々が続くと、壊れてしまった細胞の回復がどんどん遅れてしまい、さらに体調が悪くなっていきます。下痢の状態から回復し始めたら栄養価の高いフードなどをふやかして食べさせるなどをして腸に負担にならないように回復に努めたほうが良いでしょう。

 腸の働きはどこがコントロールしているの?

 ずばり、自律神経がコントロールしています。ストレスや犬に負担がかかると自律神経の中の交感神経が強く動く為に腸が反応します。腸が動く、そして身体になんらかの異常があると下痢になってしまいます。また、適度に運動することで、ストレス発散にもなり、同時に血流も良くなります。そうする事で心臓がポンプとして働き、血液を積極的に身体全体に送り出してくれます。出来るだけ散歩をしたり、ドッグランに行ったりする事。室内でもボールを使った遊びなどをしてあげてください。

  筋肉を動かす事で下痢だけではなく犬を様々な病気から守る事が出来ます。

犬に下痢をさせないーまとめ

 犬に下痢をさせない為には、「栄養バランスの整った食事をすること」「適量の運動をさせる事、してあげる事。」「ストレスや身体に負担をかけないこと」「毎日、犬のウンチを確認する」事が大切になってきます。

犬の下痢の原因と対処法ーまとめ

 

下痢の原因は様々ですが、下痢止めや整腸剤で2週間以内に治れば、ドッグフードを変えたことや何らかの感染を受けた一過性のものだったということになります。しかし、それは急性期の場合です。慢性期になってくると薬を飲んでも治りが遅い場合が多くあります。餌を変えたり薬を変えたりしながら様子を見るよりも積極的に行きつけの獣医さんに電話をしたり、検査を受けたほうが良い場合があります。時間がたてばたつほど病状はこじれて治療に時間がかかってしまい、最悪の場合も想定して下さい。良便の基準は「バナナ型」です。便が肛門に付着しない硬さがベストです。

 食べるものが変わっていないのに色や臭い、量、硬さに変化があればこの記事の事を思い出して下さい。目に見える便それは飼い主さんが一番よく見るものです。気に掛けてあげるだけで犬をより健康に出来ますし一緒にいれる時間が長くなりますよ。

             おすすめします。→ 犬用サプリ 乳酸菌と酵素で腸内環境改善 500円でお試し ずっと一緒だワン