愛犬の下痢-動物病院へ行く前の準備と聞かれること

犬が下痢を起こす原因には、体に合わないものを食べた、ウイルス・細菌や寄生虫の感染、ストレス、腸の腫瘍などがあります。
犬の体調不良は、自覚症状を本人が説明できないので、とても心配ですね。  
この記事では犬が下痢を起こす原因と、どのような場合に動物病院へ連れていくべきかをまとめます。

犬の下痢を治すには→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」

下痢が一過性の場合

下痢の程度が軽くて1~2日で治まり、元気で食欲があって他の症状がないという場合、様子を見ていてもよいでしょう。

ただし、下痢の原因に心当たりがあれば、繰り返さないように、予防してあげましょう。犬の体に合わない食べ物を与えていないかとか、餌や生活環境に変化はなかったかなど、思い当たる原因を考えてみてください。

他に病気がないのに時々お腹をこわす場合、食物アレルギーを調べたり、ペットフードを変えたりすることで、原因が見つかるかもしれません。

たとえば、便が油っぽければ、脂肪を消化吸収できていない可能性があります。また、牛乳をあげると、乳糖を消化できずに下痢を起こすこともあります。

動物病院での治療が必要になるケース

軽い下痢でも繰り返す場合は、慢性腸炎の可能性があります。 たとえば、便に透明のゼリー状のもの(腸の粘液)が混ざっている場合、大腸炎の疑いがあり、薬や点滴など動物病院での治療が必要になります。

大腸炎の原因は、消化器疾患、腫瘍、アレルギー、寄生虫に加え、体に合わない食べ物やストレスということもあります。体力の消耗を防ぐために、動物病院に連れていってあげましょう。

動物病院では点滴や絶食などの治療を行い、入院が必要になるケースもあります。家庭では、脱水症状を起こしていないか、皮膚の状態などを観察してください。

すぐに動物病院に連れて行ったほうがいい場合

便が水のようなど下痢が激しい場合、嘔吐や発熱を伴う場合、ぐったりしている場合などは、治療を急ぐ可能性が高いといえます。 また、中毒を起こしやすい異物を食べてしまった場合も、動物病院で治療を受けたほうがよいでしょう。発熱を伴う場合、ウイルス・細菌や寄生虫の感染が考えられ、駆虫薬や抗生物質による治療が必要です。

細菌感染の原因は、サルモネラやカンピロバクターなど、人間と共通のものもありますが、犬特有のものもあります。

ウイルス感染症のなかで怖いものはパルボウイルス感染症で、激しい下痢が起こり、ショック症状や死亡のリスクがあります。また、犬コロナウイルス感染症も、パルボウイルス感染症ほどではありませんがリスクがある病気で、オレンジ色の下痢が特徴です。

犬が感染して下痢を起こす寄生虫は、回虫症、鉤虫(こうちゅう)、条虫症、ジアルジアなどです。回虫症では腹部が膨らんでくることがあります。

動物病院を受診-準備すること&聞かれること

動物病院を受診するときになかなかうまく伝えられなくて困ったことはないですか?
いつも食べているドッグフードの銘柄も急に思い出せなかったこともあると思います。
動物病院を受診するときに「準備すること」や「聞かれること」を知っておきましょう。

準備すること-できるだけ新しい便を持参する

下痢の時に必ず行うのが糞便検査です。動物病院にかかるときにはビニール袋に入れて持参しましょう。
糞便検査に必要な便は、大人の親指程度の量があれば十分です。できるだけ新鮮な便を持参しましょう。糞便検査で様々な情報を得ることができます。
動物病院では糞便検査で以下のことを確認します。

≪形態を見る検査≫

≪顕微鏡を使う検査≫

≪その他≫

このように糞便検査では多くの情報を得ることができます。この中で、原虫類は便と共に排泄されて30分以内に観察しないと動かなくなります。時間がたてばたつほど検査で発見が困難になり、見落としの原因になります。病院にかかるときにはできるだけ新鮮な便を持参しましょう。体温を測るときに用いた体温計に付着した便や採便棒で採便して糞便検査はできますが、少ない量しか採れなかった場合は便を持って後日再診ということになることもあります。

動物病院でよく聞かれること

下痢で動物病院にかかるときによく聞かれるのは、次のようなことです。

他にも下痢を起こした原因を探すために質問される場合がありますが、挙げた内容はよく聞かれますのであらかじめ考えておきましょう。

また、下痢が長引いている場合や下痢止めの薬を飲んでもよくならない場合は、腸管のアレルギーや糞便検査以外の検査を要する病気の可能性もあります。アレルギーを疑う場合は現在のドッグフードやおやつの銘柄やメーカーを聞かれる場合があります。病院へ行く前に外袋の写真を撮っておくと伝えやすいでしょう。

★★★★

犬の下痢を治すには→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」

まとめ

このように犬が下痢を起こす原因は様々で、急を要するものもあります。犬の様子を観察して、適切な時期に獣医さんに診てもらいましょう。

また、犬の下痢治療はペット保険の対象になるので、窓口での精算に対応している動物病院へ行くときは、ペットの健康保険証を持参してください。

 

おすすめします。→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」