元気で食欲がある時は?

愛犬の下痢を治すには→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」

元気で食欲がある下痢の原因とは?

愛犬の急な下痢、飼い主はとても心配になりますよね。犬が急に下痢をした時の原因にはどんなものがあるのでしょうか。

実は、犬の下痢の原因は「元気があるときの下痢」と「元気がないときの下痢」でだいぶ違ってきます。
ここでは、元気があるときの下痢の原因について解説します。

アレルギー・誤飲

犬に元気があり、食欲もあるのに下痢が続く場合には、アレルギーや、床に落ちているものなどの誤飲が疑われます。
アレルギーは血液検査ですぐに原因を特定できるので、重篤でない場合には心配は要らないのですが、何かの誤飲の可能性がある場合は、急を要することもあるので、誤って何か食べてしまったりということがなかったか、確認しましょう。

食べ物が合わない

犬の腸というのは、人間と違い、だいぶ短くできています。そして、胃や小腸の作りも、人間とは違っています。そんな中で、特に注目したいのが、犬は食べたものを消化するのに時間がかかってしまうと、胃や腸など、消化器官に大きな負担がかかってしまうことがあるということです。

つまり、消化のよくないドッグフードなどを与え続けていると、消化不良を起こすことがあるのです。そして、消化の悪いドッグフードはあまり犬の体内に吸収されることなく、そのまま排せつされてしまいます。

そのときに、犬の消化器官にかなりの負担がかかるため、排せつの際に水分を出すことによって負担を減らそうとします。
これが、普段の食べ物、ドッグフードによる元気な犬の下痢の正体
です。

腸内の善玉菌の量

人間と同じで、犬も食べ物を消化するときは消化器官の中の腸内から栄養を吸収するのですが、この腸内の善玉菌が少ないと、食べ物から腸内へと送られてきた消化のしにくい栄養素に対する免疫力が足りずに、うまく消化されずそのまま便として排出されてしまうことになるのです。

この時にも、犬の腸内には過度な負担がかかっているために、下痢の原因となってしまいます。
ですから、犬にとっても腸内環境というのはとても大切なことなのです。

よければ、『犬の腸内環境を良くするには?』もご覧下さい。

犬用乳酸菌サプリメント『ずっと一緒だワン』 はスプーン1さじに400億(ヨーグルト4個分)の乳酸菌。
与え方はいつものごはんにサッと1さじかけるだけ。

目次へ↑

元気で食欲がある時の下痢、主な症状とは?

下痢になった時の便の状態は様々で、先に述べたように消化の悪いドッグフードが原因の場合には、主に軟便が頻繁に出るといった状態になります。

ところが、もっとひどくなると、消化しきれなかったドッグフードが小腸を傷つけ、血便として現れることもあります。時には、ゼリー状の血便が出るときもあるのです。

血便が出ると、飼い主さんはびっくりしてしまいますが、体内に病気などの原因が見当たらないときは、普段の食生活に原因があると考えたほうがいいかもしれません。

その他の症状として「吐く」といったこともあります。
犬の吐く、という行為には、「嘔吐」と「吐き戻し」という2種類のものがあります。

嘔吐というのは、体調が優れなかったりといった何らかの病気が原因で起こるのですが、吐き戻しの場合は、犬の胃や腸などの消化器官がうまく働いていないことが原因で起こる場合が多いのです。

そして、元気なのに吐く場合には、嘔吐ではなく「吐き戻し」の可能性が高いです。

つまり、吐き戻しとは消化しきれない食べ物を、一度吐き出してしまうということです。犬によっては吐きだしたものをまた食べてしまうこともあります。

このように、下痢だけでなく、吐き戻しも併発することが多いので、犬が吐いてしまったら、食べたものをそのまま吐いてしまったのかを観察してみましょう。

目次へ↑

元気で食欲がある時の下痢の対処法について

元気があり、食欲もあるのに下痢が止まらない時の最も大事な対処法は、「水分をよく摂らせる」ということです。

下痢が続くと、脱水症状になってしまうこともあるので、元気がある場合でも、水分は必ず補給しましょう。

続いて、無理にあまり食べさせないといったことが対処法になります。それでなくても犬の消化器官は、消化不良などで弱っているので、ドライフードはあまり食べさせず、ウェットタイプのフードに切り替えて様子を見てあげることが大切です。

下痢の時にドライフードがよくない理由は、食べ物が固ければ固いほど、消化に時間がかかってしまうため、弱っている消化器官にさらに負担をかけてしまうからです。

また下痢が続くと、どうしても体毛に汚れがついてしまいます。その時は、無理にシャワーをしたりせず、汚れた部分だけ、市販のおしり拭きなどできれいにしてあげるといいでしょう。

下痢の時には、体力も落ちていますから、元気に見えても、下痢がおさまるまではシャワーなどは避ける方が無難です。

トイレも汚れがちになってしまいます。こまめにトイレシートを取り換えてあげるなど、 根気が必要になります。

目次へ↑

愛犬の下痢を治すには→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」

元気で食欲がある時に、家庭でできる治療法とは

犬に元気があって、食欲もあるのに下痢が止まらない時には、まずは獣医師に診せるべきですが、下痢の原因の特定がされず、対処療法になる場合が多いです。

また、下痢止めを出されることもあるのですが、犬によってはこの下痢止めが、かえって胃に負担をかけてしまうこともあるので、処方された時には、十分な注意が必要になってきます。

このように、獣医さんに診せても、主な治療法が対処療法であったり、下痢止めであったりするので、下痢がおさまっても、結局何が原因で下痢になったのかの特定をするのは、獣医師でも難しいことが多いのです。

ですから、家庭でできる治療法を改めて考えなくてはなりませんが、飼い主が犬にできる最大のことは、やはり普段の食生活に気をつけてあげることになります。

普段の食事で、固いドッグフードばかり与えていないかどうか、普段の食事は果たして愛犬にとって本当に健康面で問題がないのかをもう一度見直して、もしも消化器官に負担を与えているようなら、今すぐにドライフードからウェットタイプに切り替えてみるのもいいかもしれません。

ウェットタイプのフードなら、消化器官に負担もかからず、また、下痢のときに水分が足りなくなっていても、食事から水分を補うことができます。

動物病院で原因がわからなかった犬の下痢が、普段のフードを変えただけでおさまったという場合はよくあるようですので、愛犬が元気もあって食欲もあるのに、なぜかよく下痢をする、または軟便が続く、血便が出るなどといったことがあれば、一度、普段の食事から改善してみることが、飼い主にできる唯一の治療法になります。

犬は話すことができないので、飼い主がいち早く、原因を突き止めてあげることが大切です。

目次へ↑

 

おすすめします。→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」