愛犬が下痢で血便!赤い鮮血?黒い?

ある日突然、愛犬の血便を見つけたら驚くのが当然です。特に下痢をしているときには血便も良く見られます。すぐに動物病院へ駆け込む方も多いようですが、そんな時に役立つ、犬の血便色について基本的なことをお伝えします。

愛犬の下痢を治すには→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」

犬の下痢が血便 赤い鮮血か赤黒いタール便か 違いは何?

下痢を伴う犬の血便は大きく2つに分けることができます。

一つは、肛門付近と肛門に比較的近い大腸や直腸から出血した「赤い鮮血」が便についた、「大腸性の下痢」です。

一方、肛門から離れている胃や小腸などから出血している場合は、体内を通過する間に消化酵素などで血液が変色した「黒いタール便」が見られ、「小腸性の下痢」と言われます。

目次へ↑

犬の血便が赤い鮮血だった場合

「大腸性の下痢」の鮮血色をした犬の血便で、まず考えられるのは、肛門や周辺部の傷からの出血です。下痢のために傷つくこともあり、肛門の炎症や肛門嚢炎のほか、直腸や大腸の病気を疑う必要があります。

また、多く見られるのが「一過性の大腸炎」で、人間でいう「ちょっとおなかを壊した」状態です。

さまざまな原因が考えられますが、主なものは環境変化などのストレスや食べ過ぎ、寄生虫や細菌感染などです。消化不良や消化液の過剰分泌などがおき、負担のかかった大腸に炎症が起きると、患部からの出血が血便となります。

ゼリー状のものが血便についている場合は、大腸の粘液が傷の修復のために大量に分泌され、それが血便と一緒に出ている状態です。

他にも、大腸がんや大腸の腫瘍など、鮮血色の犬の血便から考えられる病気は多くあります。あまり心配のない病気もありますが、重い病気も考えられますので、早目に動物病院で受診し、適切な治療を受けられるのが安心かもしれません。

目次へ↑

犬の血便が赤黒い血のタール便だった場合

「小腸性の下痢」とも呼ばれる黒いタール便の血便が見られた場合、口腔内から小腸までのどこかが痛み、出血していることが考えられます。食欲減退や体重の減少を伴うことも多く、胃腸障害が起こって、排便の回数が減る一方、一回ずつの便量はやや多め、と言うケースが多く見られます。

具体的な病名をあげてみると、胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの重篤な病気の可能性があるほか、気管や肺、口腔からの出血が原因でタール便が出ていることもあります。

気を付けていただきたいのが、小石やおもちゃ、異物などを飲みこんでしまっている可能性で、胃腸壁の傷から出血し、腸閉塞になることも考えられます。大きなものを飲んでいる場合には、開腹手術が行われることもあります。

さらに怖いのが、感染症などで命の危険に直結する病気です。

パルボウイルス感染症や犬コロナウイルス感染症、レプトスピラ症などウイルスを介した感染症による血便には、嘔吐や発熱なども見られることがあります。

感染症が疑われる場合は、早く受診しなければなりませんが、他の犬への感染にも注意してください。多頭飼いならほかの犬から離す、病院に行く時も事前に連絡して症状を伝え、万が一の時に他の患者犬に感染しない措置を取ってもらってから受診する必要があります。

ほかに、タール便が見られる場合として、犬が食べてはいけない食物、例えば玉ねぎやカフェイン、カニ、エビなどを摂取して中毒症を起こしていることがあります。この場合、嘔吐も併発することが多いようです。原因がはっきりしていれば、病院での検査を省いて、速やかに治療できることもありますので、思い当たる時は獣医師にお伝えください。

目次へ↑

愛犬の下痢を治すには→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」

犬が下痢で血便の時の まとめ

日頃から犬の便をチェックすることは健康状態を知るために大切です。硬さや回数、色、臭いなどがいつもと違う時、身体の動きや食欲などと合わせて観察すれば、早目に愛犬の不調に気づくことができるでしょう。

血便の原因はさまざまです。一般的には、赤い鮮血の血便より黒いタール便の方が重い病気の可能性が高いと言われます。お伝えした血便の色などを参考にして、ご心配な時には速やかに受診されることをおすすめします。

目次へ↑

 

おすすめします。→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」