犬の下痢が血便になる原因

血便は臓器や器官の状態と深く関わりがあります。消化器系から肛門までの器官で出血が見られると、便に血が付着します。胃腸の障害、胃潰瘍、腸閉塞、腫瘍などが血便の原因となります。

寄生虫が体内に入ったことによって、また伝染病に罹ることによって血便が出ることもあります。便の状態は様々で、原因が変わることによって、色や血の混じり方も変化していきます。

下痢の原因は、ひとつに限りません。食欲旺盛すぎて過剰に食べてしまったことが原因のものもあれば、気候や環境の変化によるストレスで起こるものもあります。また感染症などによって下痢が引き起こされることもあるのです。

愛犬の下痢を治すには→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」

犬の血便にはどんな可能性がある?

血がウンチのどの場所に付着しているかをよく見ることによって、病気や症状を特定できます。

ウンチ周辺部分に血がついていれば、大腸の後ろ部分、もしくは直腸や肛門で血が付着したと予測できます。腸内環境が良くない犬は、便秘になりやすく硬い便をする頻度が高まるため、必然的に肛門周辺が傷つきやすくなります。そうなると少しの刺激で肛門が切れてしまいます。お腹の調子を崩し下痢になったときに、便が肛門を通過する過程で血がつきます。

ウンチの真ん中あたりに血が見られる場合は、大腸の前の方で血が混ざっている可能性があります。大腸が原因で起こる血便は少なくありません。大腸にできた腫瘍が原因で起こる血便もあれば、ストレス性の大腸炎による血便もあります。

一般的に血便と聞けば、赤色をイメージする人が多いかもしれませんが、黒色の便もあります。 タール便と呼ばれるもので、腸内に存在する消化酵素により、血液が分解されてしまうのです。出血は小腸、胃など肛門から離れた部分で起こります。ネバネバになっている便は、出血の量がかなり多いということを意味しているため要注意です。

犬の血便の対処法は?

ゼリー状のものが付着している血便

大腸の炎症が原因となって起こります。炎症が起こると、粘液が普段よりも大量に分泌され、それが便と一緒に出てくるのです。

大腸の炎症の原因と対処法

●ストレス

例えば新しい犬を迎え入れたり、人間の赤ちゃんが生まれたことで、飼い主の関心がそちらへ向くと、先住犬はストレスを感じやすくなります。その結果が血便として表れることがよくあります。

そのような場合、家族の誰かが毎日ある程度の時間を割いて、コミュニケーションをとることで血便が治っていきます。いずれにせよ、愛犬の抱える精神的な問題を、早い段階で取り除いてあげましょう。

●過剰な食物の摂取や寄生虫、細菌感染

愛犬が食べ過ぎないように、栄養バランスを考えた適量の食事に切り替えましょう。人の食べ物を勝手に摂取してしまうこともありますので、その辺りも含めて注意しながら監視する必要があります。 寄生虫や細菌感染は投薬によって良くなることが多いため、動物病院で獣医の検査を受けさせましょう。

鮮やかな赤色の血便で臭いがきつい

感染症の疑いがあります。特に小さな犬や老犬など、免疫能力の低下している犬ほど、感染症の危険にさらされやすい傾向にあります。すぐに動物病院へ連れていき獣医師に診てもらいましょう。

黒色のタール便

内臓の疾患か異物の誤飲です。臓器が何らかの形で傷つけられていますので、かなり重篤である可能性が高いと言えます。こちらも間を空けずに即刻、動物病院での診断を受けさせましょう。

便が赤い褐色

寄生虫が小腸にいることで吸血されてしまい、血便が出ているケースです。動物病院へ赴き、寄生虫の駆除をしてもらうのが最善の策と言えます。

愛犬の下痢を治すには→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」

犬の血便の治療方法は?

寂しさによるストレス性の血便の場合は、スキンシップをたくさんとってあげることが最良の治療と言えます。一緒に遊んであげたり、体を触ってあげたりと、愛情をこめて触れ合いましょう。犬は元々、集団行動をとる生き物ですので、孤独にとても弱いのです。飼い主がちゃんと自分に関心を持っていることが伝わると、ストレス性の血便は早期に完治します

軽いストレスなどはそういった処置で治るのですが、ストレス耐性というのは犬によって各々異なります。ストレスに弱い犬は、腸内細菌が増えすぎてしまい血便が続くこともあります。そういった場合は、抗生物質入りの整腸剤を飲ませることで様子を見ましょう。血便の量が多い場合は、数日間入院させて注射をうってもらう必要があります。

小腸性の下痢の場合は、小腸を休めることが第一段階の治療法となります。水を飲ませず食事も与えてはいけません。そのあとに下痢止めを服用させて、外へ出された水分を輸液で補完します。

細菌感染の場合は、抗生物質による治療が最適です。獣医に「寄生虫が原因である」という診断を受けた場合は、駆虫薬を使いましょう。

 

愛犬の下痢を治すには→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」