犬の下痢が寄生虫の場合

犬が下痢をしてしまった場合、寄生虫が原因の場合があります。ではその寄生虫は犬の体にどのように住み着いてしまうのでしょうか?どう対処したらいいのか見てみましょう。寄生虫の病名別に解説してあります。

愛犬の下痢を治すには→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」

寄生虫の感染経路

回虫症

犬には食糞という習性があります。そのため誤って回虫症に感染した糞便を食べることで回虫を体の中に入れてしまうという原因があります。 この感染された糞便ですが、犬の糞便だけでなく、ウサギやネズミが感染した糞便を食べ、そのウサギやネズミを犬が食べることで感染するケースもあります。

すでに感染したメス犬が妊娠することで回虫の幼虫が成虫になって胎盤をつたって子犬に感染する事があります。また母乳から子犬に感染することや、母親の糞便を子犬が口にしてしまい感染してしまう原因もあります。

鉤虫症

皮膚から感染します。例えば鉤虫の幼虫は犬の肉球から犬の体の中に入ることがあります。それができるのはこの幼虫は皮膚に穴を開けて進入することができるからです。また口や母親の胎盤を通して感染することがあります。

条虫症

瓜のような形をした条虫に感染した動物の便をノミの幼虫が食べるとノミの体の中で成長します。そのノミを犬が間違って噛み潰すことで口から感染します。

フィラリア症

蚊がフィラリアに感染した犬の血を吸うときに一緒にフィラリアの幼虫を吸い込んでしまいます。そしてその同じ蚊が別の犬の血を吸うときにそこからフィラリアの幼虫が侵入してしまいます。

目次へ↑

寄生虫の感染経路

回虫症

下痢や嘔吐があります。お腹のあたりが膨らんでいたりする症状もあります。食べ物ではないものを食べてしまったり、元気がないなどの症状があらわれます。また回虫がたくさんいると腸閉塞や痙攣、麻痺といった症状が出ることもあります。また体重が減ったり貧血になったり毛艶も悪くなったりしますので、見た目が痩せて見えるということもあります。 成犬が感染した場合は子犬と比べ、症状がほとんどありません。

鉤虫症

この虫は鉤のような歯がありますから、腸の粘膜に食い込んで血液を吸います。そのために貧血や下痢、また血便やタールみたいな便が出ることがあります。さらに食欲が無かったり元気がないという症状もあります。鉤虫症の初期症状では幼虫が肺の方に来るので呼吸が苦しそうな症状があらわれます。

条虫症

症状が特別現れることはありませんが、たくさん寄生してしまうと下痢や体重が落ちるという症状があらわれます。また排泄物の中で虫卵が活発に動くので、排泄時犬がその動きが気になってお尻を地面にこすりつける動作をすることがあります。さらに毛並みが悪くなるなどの症状を引き起こします。

フィラリア症

最初の頃は軽い咳があります。心臓や肺の動脈に寄生することで血行が悪くなります。そして症状が重くなることで食欲減退や貧血、痒みや脱毛、さらには呼吸困難やお腹に水が溜まったり、黄疸や湿疹という症状があらわれます。

目次へ↑

寄生虫の対策方法

回虫症

回虫に汚染された便を口に入れさせないようにしてください。犬には匂いをかいだりすると舐める習性がありますから、糞便に近寄らせないことが一番です。特に感染力の強い放置されたうんちには近寄らないようにしましょう。

条虫症

ノミを発見したら必ず潰さないようにしてガムテープ等で貼り付けて対処するようにしてください。犬のためにノミ予防スプレーを買ってあげる必要があります。

鉤虫症

国内での感染のケースはほとんどありませんが、海外に犬を連れ歩くなら感染することがあります。ですから帰国したらすぐに鉤虫症の感染がないかどうか診てもらうようにしてください。

フィラリア症

予防対策ですが、蚊が出る季節に月一回予防薬を飲ませるという方法があります。これで幼虫が心臓に辿り着く前に駆逐することができます。 さらに蚊取り線香を使って蚊が寄り付かない環境を作ってあげる必要もあるでしょう。

目次へ↑

寄生虫の治療方法

回虫症

病院で抗線虫薬という駆除薬をもらうことができます。でも一回で駆除し尽くすことはできません。定期的に検査することで完全に駆除できたかどうか見ないといけません。 もし何匹も犬を飼っているのならすべてに犬に駆虫薬を投与してください。

また母子感染してしまったなら生後3週間目までに薬の投与を開始してください。そして3ヶ月までは2週間おきに投与して、3-6ヶ月の年齢の時には毎月投与するようにしてください。それからも定期的に投与するほうがいいです。

鉤虫症

検便して鉤虫があることが分かったなら、すぐにコンバントリン駆虫薬で治療します。貧血がひどい場合は血を補う治療が必要なこともあります。

条虫症

病院で駆除薬をもらってください。ノミの駆除も必要です。

フィラリア症

フィラリアの成虫がいる場合には駆虫剤を使ったり、手術で成虫を摘出するという方法があります。 しかし寄生虫の数と犬の年齢を考えて、手術をするのが難しいというケースがあります。

愛犬の下痢を治すには→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」

目次へ↑