老犬の下痢の原因は?胃腸が弱っているの?

老犬に下痢の症状が見られた場合、あなたならどう対処しますか?
若い犬のように体力がないので、気を付けていないと症状が悪化して取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

そんなことのないように、今回は老犬の下痢に関して、飼い主なら知っておきたいことをまとめてみたので、是非参考にしてみて下さい。

愛犬の下痢を治すには→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」

老犬の下痢の原因

老犬とは言え下痢になるには何かしらの原因があるはずです。1日で症状が治まるような一時的な下痢ならさほど心配はありませんが、長い間続いて慢性的に下痢になる場合は、それなりの原因があるはずなので、まずはどのようなことが考えられるかを把握しておきましょう。

食べ物

老犬の下痢の原因として一番可能性が高いのは、食べ物による下痢です。消化しにくい食べ物を与えたり、食物アレルギーを発生したりする場合もありますし、腐った物を拾い食いしたという事も考えられます。特に胃腸が弱い犬の場合は、普段の食事と少し違ったりするだけで下痢になる事もあるので、気を配ってあげる必要があるでしょう。 下痢とは逆に便秘になる老犬もいますが、それは若い頃に比べて水を飲まなくなったせいだと考えられます。便秘の場合は水分の多い食事や、ドライフードをお湯でふやかしてあげるようにして下さい。

食事の量

老犬になっても若い頃と同じ量の食事を与えていると身体の負担になり、その結果下痢になる場合もあります。喜んでくれるからと欲しがるだけあげてしまう気持ちはわかりますが、健康的なことを考えればシニア用のドッグフードに切り替えて負担を減らす方がベターです。

感染症

激しく下痢や嘔吐を繰り返すといった症状がみられる場合は、ウィルスや細菌の感染症が原因である場合もあります。 また寄生虫に感染した場合も慢性的な下痢になります。ひどくなると寄生虫が腸に詰まって「腸閉塞」を併発する可能性もあるので、下痢が続く場合は必ず受診するようにしてください。 老犬が自力で細菌に打ち勝つには、免疫力を上げる必要がありますが、人間と同じで老犬も規則正しい生活を送るようにしたり、運動をしたり、ビタミン類を多く摂取することが免疫力アップにつながるでしょう。

ストレス

ストレス社会に生きている私たち人間と同じように、老犬だってストレスを感じることはあります。 食事が少なかったり、飼い主さんとのスキンシップが足りなかったり、お留守番が多かったりと日常生活においてもそうですが、ペットホテルや知人の家に預けられることもストレスになるでしょう。 ストレスが直接下痢の原因となる場合と、ストレスによって体内にストレス抗体ホルモンが合成される際にビタミンCが大量に消費されてしまい、ビタミン不足で感染症にかかりやすくなるという場合があります。これは飼い主しか阻止できない原因なので、普段からスキンシップを大切にして老犬の不安を取り除いてあげましょう。

認知症

人間と同じく老犬にも「認知症」を患う場合があり、名前を呼んでも反応しない、夜鳴き、失禁、下痢などの症状が表れます。歩けなくなってしまった場合は人間と同じように介護生活に入るので、ベッドやオムツなど必要なモノを準備しましょう。どうしても自宅での介護が無理な場合は、老犬ホームという選択肢もあります。

目次へ↑

老犬の下痢の症状

老犬の下痢の症状は、原因となっている部位によって異なります。

小腸性下痢

消化・吸収の役割を果たす小腸の異常で下痢になる場合、便の回数はさほど増えませんが、1回の量が増えます。便の状態は水っぽいモノからやや軟便になる程度まで様々ですが、出血を伴っている場合は色が黒っぽくなるという特徴があります。 長い間続くと、合併症状として体重が減って脱水症状、嘔吐が見られるでしょう。

大腸性下痢

水分を吸収する役割を果たす大腸の異常で下痢になる場合、便の回数が頻繁になり、1回の量はやや少なめになります。便の状態は粘液が混ざって軟便になり、粘り気があるのが特徴で、出血がある場合は色が黒っぽくなります。 こちらの場合は体重の減少などの合併症状はまず見られません。

老犬の下痢の症状で一番心配なのは、感染症による下痢によって何日間も激しい下痢、嘔吐、餌を食べないといった症状が続く場合です。基本的に嘔吐が見られない場合は一過性の下痢と考えられるので、餌を調節して様子を見ましょう。 またお腹を上に向けてしまい、お腹をペタンと床につけるような恰好をしないのも腸に違和感がある証拠なので、早めに対処してあげたいですね。

目次へ↑

老犬の下痢の原因

下痢をしやすい老犬の場合は、1回の食事量を減らして回数を増やしましょう。
1日2回の食事を5回に増やせば、体内機能が活発になります。しかし脂肪分が多い食事だと消化が遅れて下痢の症状が改善されないので、ローカロリーフードや野菜中心の食事がオススメです。

突然下痢になった場合は、下痢をする前に異物を飲み込んでいないか?普段とは違う餌を与えていないか?を思い出して、特に老犬の場合は早めに獣医さんで診てもらうのが先決です。

夜中などに症状が始まり受診できない状態の場合は、脱水症状にならないように水分を与えます。首の後ろを引っ張って、すぐに皮が元に戻らない場合は脱水の兆候が見られるので「経口補水液」を与えましょう。

下痢をしていても元気があるなら、半日~1日絶食をして胃腸を休めるという対処法もあります。絶食後の食事は消化の良いモノから始める必要があるので、ドライフードをお湯でふやかして、リンゴなど消化の良い野菜をすりおろして腸内環境を整えるのも良いですね。慢性の便秘に効果的な栄養分は「食物繊維」です。食物繊維は腸内の余分な水分を吸収して便を固めてくれるので、サツマイモやリンゴなどがオススメです。

老犬の場合は便意を我慢することができずおもらししてしまう場合もあるので、室内犬の場合は犬用のオムツをはかせると部屋を汚さずに済みますね。

目次へ↑

愛犬の下痢を治すには→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」

老犬の下痢の治療方法

食べ物やウィルス、細菌が原因の場合は、獣医さんの治療や処方される薬で改善できます。しかし慢性的な下痢の場合は根本的に治療する必要があるでしょう。

下痢は腸内で悪玉菌が増えているというサインでもあります。その結果腸内環境が悪くなり、重大な病気を引き起こすこともあるので、腸内環境を改善すれば下痢の改善にも役立ちます。特に老犬は悪玉菌が増えやすいですが、市販されているドッグフードにはなかなか善玉菌を増やして腸内環境を整えるモノはないですし、人間の腸内環境には良いとされているヨーグルトなどは犬にも効果的であるとは言えないので、サプリメントで補うのも効果的な方法です。

よければ、『犬の腸内環境を良くするには?』をご覧下さい。

いかがでしたでしょうか?
老犬の下痢と言っても様々な症状や原因がありますが、飼い主が対処法を知っているのといないのとでは大きな違いがあります。 早くに命をなくす犬が多い中、長生きしてくれた老犬に対しては余計に愛情を注いであげましょう。

目次へ↑

 

おすすめします。→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」