犬の下痢が消化不良の場合

愛犬の下痢を治すには→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」

消化不良の場合の原因

犬は毎日同じドッグフードを食べていますよね。それぞれの犬の体質に合ったフードを飼い主が選んで食べさせていると思うのですが、なぜかたまに消化不良を起こしてしまうことがあります。

なぜ消化不良を起こしてしまうのでしょうか?

犬は基本的に食べ物をあまり噛みません。そのせいで大きいものを飲み込んでしまって消化不良に陥ることもよくあります。そのときの犬の体調やおなかの様子によっては胃でうまく食べ物を消化できないということもありえるのです。

それが原因で下痢を引き起こしてしまう犬もいます。便で出す力のない犬は、嘔吐する場合もあるので気を付けてみてあげましょう。

消化不良に陥るときはたいてい食べ過ぎてしまったときやおなかに合わないものを食べてしまったときです。食べ物によって症状が引き起こされることが大半なので普段から犬に与える食べ物については飼い主がきちんと把握して考える必要があります。

目次へ↑

消化不良の場合の症状

消化不良の場合は、えずくような素振りを見せたり、舌を何度も出し入れしたりします。また、草や野菜を食べることで胃の中を何とか消化しようとする犬もいます。

おなかの調子が悪くなると草を食べる犬は意外と多いので、散歩などの時に草を食べ始めたらおなかの様子に気を配ってあげましょう。

便で出す力のない犬は、嘔吐する場合もあるので気を付けてみてあげましょう。

さらに、消化不良の時は便を出すときの力みがいつもより強くなることもあります。そうするとお尻を痛がる犬もいるので、便をするときの様子をよく見てみましょう。
尻尾を丸めてお尻を浮かせるように便をしているときは、お尻を痛がっているときです。注意して見ましょう。

目次へ↑

消化不良の場合の対策

犬が消化不良の症状だとわかったら2つの対策方法があります。

軽めの下痢の時

リンゴやキャベツなど消化を助ける食材をあげてください。キャベツは食物繊維が豊富で腸内環境をきちんと整えてくれるので消化不良を起こしている犬には最適です。茹でて温野菜にしたり、ミキサーなどで細かく刻んで餌に混ぜてあげるなどして食べさせましょう。

リンゴは腸内環境をよくする善玉菌の活動を促進する成分が入っているので、おなかが痛いときや食欲がないときにもぴったりです。下痢の時、餌を食べなくなってしまったらリンゴをあげましょう。

また、消化不良による下痢の時は普段のフードを控えるようにしましょう。胃に物が残っている状態でさらにフードを与えると下痢が悪化する恐れもあります。半日~1日程度絶食させて、水やスポーツ飲料を少しずつ与えて様子をみましょう。おなかが減ってかわいそうですが、早く症状をよくするためなので心を鬼にして取り組みましょう。

下痢がひどいとき

絶食や絶水が基本です。とにかく一刻も早く絶食させましょう。水分を摂ると下痢にさらに拍車がかかる恐れもあるので水分も控えめにしましょう。

便が少々固まってきたら消化の良いリンゴやバナナ、キャベツなど食物繊維が豊富で腸内環境を良くしてくれるものを中心に少しずつ食べさせてあげてください。12時間ごとに様子を見て対処法を変えてみましょう。

それでも下痢が一向におさまらない場合は病院に連れていくことをおすすめします。自宅で様子を見るのは1日だけにしてください。それ以上体調が悪そうな様子が続くときは薬や注射での治療が必要になるかもしれません。

犬はすぐにおなかを壊しますが、またかと思わずにきちんと家でできる対処をしてあげることが重要です。ただの下痢ではなく大きな病気のサインになっていることもあるので、消化不良の下痢を起こしてしまったらしっかり様子を見てあげましょう。

愛犬の下痢を治すには→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」

目次へ↑