犬の小腸性下痢症の症状と治療法

犬が下痢症状を起こしていると飼い主はとても心配になるものです。
ひとくちに「下痢」と言いますが、実は異常のある部分によって原因や症状も異なってきます。

ここでは小腸性下痢症の原因や症状、そして対処方法についてご紹介していきます。

愛犬の下痢を治すには→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」

犬の小腸性下痢症の原因

小腸性の下痢の原因として考えられるのは、主に食事や感染によるものです。

道路に落ちていたもの、腐った食べ物、刺激物を食べたなど腸に負担をかけることは下痢症状の引き金になります。

また、ウイルスや細菌、寄生虫による感染症により、腸内細菌が異常に繁殖してしまうケースもあります。

愛犬の下痢には、まずはどんな原因によるものかを突き止めることが大事です。

目次へ↑

犬の小腸性下痢症の症状

愛犬が下痢を起こしてしまった時には、異常箇所が大腸なのか、小腸なのかによって症状の表れ方が違います。

小腸性の下痢の場合、体重が減少するという大きな特徴があります。大腸性の場合にはそれほど体重が減りません。

では、なぜ小腸性の場合には体重が減ってしまうのでしょうか。

それは「小腸」の働きが関係しています。そもそも小腸は食べ物を消化し、そして体に必要な栄養分を吸収する場所。しかし何らかの異常により働きが鈍り、栄養が吸収されず体重が減ってしまうのです。

また、小腸性の下痢の場合、便がやわらかい特徴があり、一度に出る便の量が多くなります。便の回数自体はそれほど多くありません。水を飲む回数が増えたり、お腹がゴロゴロしたりもします。

そして小腸性で出血を伴っていれば、便が黒くなっていることもありますので便の状態のチェックがとても大事です。

小腸性なのか大腸性なのかで対処法も変わってきます。明らかに普段の便と状態が違うといった場合には注意しましょう。

目次へ↑

犬の小腸性下痢症の対処方法

元気がよく嘔吐などの症状がない場合

下痢の症状が見られても比較的元気がよいのであれば、食事やストレスによる一過性の下痢と考えてもいいかもしれません。様子を見るという形で、一般的に言われる対処法を家庭で行うようにしてもいいでしょう。

下痢の時には、水分が失われますので脱水症状を引き起こさないように、水分補給をしっかりと行ってあげます。

また、食事はいつもどおり与えるべきなのかという点について悩む飼い主さんも多いかもしれません。小腸性下痢の時は、小腸で異常を起こしている訳ですから、休めるという意味で食事を摂らないようにすると早く治ります。
12~24時間程度休めることで、だいぶ症状が回復するでしょう。
絶食して症状が回復した後、いきなり普段どおりの食べ物を与えるとお腹がびっくりしてしまいます。

消化の良い食事を少なめの量から与え、徐々に普段の量に戻していきます。さらに腸内環境を整えてあげるような工夫も大切です。そもそも腸は善玉菌と悪玉菌のバランスで働きが保たれていますが、悪玉菌が増えてしまうと少しの影響でお腹をこわしやすくなってしまいます。

よければ、『犬の腸内環境を良くするには?』もご覧下さい。

元気がない場合には病院に

ただ、感染や細菌が原因で下痢を起こしている場合には、下痢以外の症状が見られ自己判断で対処しても治りにくい場合もありますし、重大な病気が隠れている場合もあります。熱が出る、吐く、元気がない、ぐったりするなどの症状があれば重大な病気の可能性も大きいです。

いつもの様子と違う!という場合には、すぐに病院を受診して「原因」を特定してもらい、早めの治療をしてあげたいものです。

目次へ↑

犬の小腸性下痢症の治療方法

愛犬が下痢を起こしている場合には、その他の様子もチェックしておくことが大切です。
動物病院受診の際には、次のような症状を獣医師に伝えると原因や治療に役立ちます。

  • どのくらい下痢症状が続いているか
  • 同時に嘔吐症状がみられるか
  • 便の回数や状態、量
  • 元気があるかどうか
  • 体重は減っているかどうか

また、犬の便があれば判断が迅速に行えるので、採取できるのであれば持って行くようにしてもいいでしょう。

病院で行われる治療は、小腸を休めるための絶食および絶水、下痢止めの処方、失った体液回復のための輸液などがあります。感染症の症状がひどい場合には、抗生物質の処方もされます。

愛犬のお腹の様子は外からは見えません。下痢が起これば飼い主も不安ですが、何より犬自身もとても辛いものです。

心配な時には専門家である獣医師に相談することはとても大事です。そして何より定期的な予防接種や食事への配慮など、普段から下痢を予防できるようにしてあげたいものですね。

愛犬の下痢を治すには→ 犬用サプリ 有胞子性乳酸菌を配合、腸に活きて届きます。犬康食・ワン「プレミアム」

目次へ↑